接骨院の不正請求問題ってなに?

接骨院では健康保険(労災保険や自賠責保険も)を使用した施術が可能です。

しかし病院や歯医者さんとは異なり、本来なら患者さんが行う療養費の申請を、

接骨院が代行するという形式が”受領委任払い”と言われ特例的に認められています。

保険請求の不正は接骨院に限らず病院・歯医者さんでも指摘されている問題なのですが、

他の医療職種にはない特殊性からやり玉にあがることが多いようです。

今回は

  • 何が接骨院の不正請求に該当する問題なのか?
  • 不正請求が取り沙汰されたその後の接骨院の現状

について解説していきます。

接骨院で健康保険が適応となるのは?

他のブログやページでも記載してありますが

接骨院で健康保険が使用できるのは

骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲

といった原因のはっきりしたケガ(外傷)のみが対象です。

※言葉を言い換えれば

肉離れや突き指・アキレス腱断裂・靭帯損傷・ぎっくり腰・寝違えなども適応となります。

細かく解説するとその他にも健康保険が使えないケースもあるのですが…

この決まりごとが大原則としてあり、まずは覚えていただければと思います。

※接骨院での健康保険の適応には病院通院と同時期に施術が行えないなど

その他にも条件はありますので不明な場合にはお問い合わせください。

どういった不正が問題になっているか?

健康保険の対象外となる慢性的な症状や原因が明確でないものに対しては

保険請求はできないという法律的な決まりがあります。

これを守らずに

  • どんな症状に対しても保険で請求していたり
  • 症状がない部分に対しても部位を追加して請求していたり
  • 部位を変更しながら半永久的に請求していたり

といったところが主な問題としてあげられます。

不正請求に対する対応

つい最近までは柔道整復師という接骨院の国家資格を取得すれば

研修期間などを履行しなくてもすぐに開業できてしまうという状況がありました。

技術の面でもそうですが倫理的な面でも指摘がされ続けたことで、

現在は一定期間の研修(勤務)経験と講習会の受講が必須となりました。

また長期間や多部位での施術に関しては施術療養費を減額する

などといった対応がなされました。

その効果もあってか柔道整復師全体の療養費は

平成23年の4085億円をピークに平成30年には3278億円と、

ここ数年という短期間で二割程度も急速に減少しています。

接骨院業界の現状

不正請求がしづらくなったこともあり接骨院の健康保険を使用した療養費は減少しています。

しかし接骨院の数はほぼ横ばい状態です。

これでは収入が減少して潰れてしまうので、自費施術を中心にした接骨院が増えています。

これも悪い事ではないとは思いますが、完全自費・完全予約制とうたって

急なケガの方の対応を断るような接骨院ができているのは本末転倒かと感じています。

かしわだ接骨院の考え方

もちろん接骨院の不正請求には絶対に反対です。

かしわだ接骨院を受診された際には

必ず接骨院での健康保険の扱いについての解説をした上で

自費施術・保険施術の適応を判断して対応させていただいております。

その上でケガの施術の際には堂々と健康保険を扱えることが重要と考えています。

安価かつケガ対応の専門家として最大限の対応をさせていただきます。

接骨院の健康保険の適応以外でも料金について不明な点があればお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA