柔道整復師の特権!徒手整復術ってなに?

施術案内や他のブログ記事でも解説しているとおり

接骨院の開業するための国家資格が柔道整復師です。

その業務は接骨院以外にも介護施設や病院など多岐にわたりますが、

主たる業務は骨折・脱臼などの重症の外傷を含めた初期対応およびその後の施術です。

その中で医師以外には柔道整復師だけに許されている特権的な医療行為があります。

それが今回のタイトルにある”徒手整復術”です。

徒手整復術という名称だけ聞いても一般の方は全く馴染みがない言葉だと思いますので、

今回は言葉の意味とその技術について解説していきたいと思います。

徒手整復術ってそもそもなに?

徒手整復術とは

骨折や脱臼でズレが生じてしまった骨や関節を手術で切り開くことなく

手を使うことによって元の状態に戻してあげることを言います。

※手術をしない徒手整復術は正しくは[非観血的]徒手整復術と称されます。

このズレを放置されてしまうと

  • 元の状態に戻しづらくなって手術になってしまったり、
  • 動きの悪さや変形などの一生に残る後遺症になってしまったり
  • 成長期であれば一部が成長できないといった障害になってしまったり

といった深刻な問題を起こしてしまうこともあり、

骨折・脱臼に対しての深い知識と正しく戻すための高い技術が要求されます。

柔道整復師の特権

この徒手整復術をすることが認められているのは医師以外には柔道整復師しかいません。

整形外科のお医者さんがやるからいいじゃないか?と思われるかもしれませんが、

整形外科の先生の本質は”外科”の先生です。手術をすることが専門です。

カリキュラムや実際の臨床でも徒手整復術やギプス固定の技術指導は

ほとんど行われていないのが現状のようです。

そういった背景もあって私も整形外科を中心とした様々な先生方と医療現場を共にしてきましたが、

徒手整復術やギプス固定が必要な骨折・脱臼の多くを任せていただいていました。

任せていただいた先生の心遣いには今でも大変感謝しておりますが、

前提として深い知識と高い技術が必要なことは言うまでもありません。

もちろんしっかりと結果が残せなければドクターの先生方から任せられることもありません。

どの接骨院でも徒手整復術などの処置ができる?

法律上は骨折や脱臼の初期対応として必要と判断される場合には行えます。

しかし、最近ではそういった処置が行える先生はほとんどいないのが現状です。

その理由としては

・腕の良い老舗の先生の下で修業を行う気概の人間がいない

・病院で整形外科の先生とも意見交換ができるような知識をもつ人間がいない

・そもそも経営や儲けの事しか考えておらず柔道整復師の業務に興味がない

この辺りが接骨院・柔道整復師の業界の傾向としてあるようです。

徒手整復術を含めた外傷施術について修行・研修経験がほとんどないままで

開業してしまっている接骨院が残念ながら非常に多いのです。

かしわだ接骨院の考え方

徒手整復術などの外傷対応の技術が柔道整復師の全ての判断基準ではないと思いますが、

骨折・脱臼などの重症のケガの対応ができないのであれば

接骨院や柔道整復師の存在価値は今後なくなるものと考えています。

柔道整復師の技術はケガをしてしまった方の大きな助けになれる

今後も必要な技術であることを私は確信しています。

柔道整復師業界の話を含め、やや専門的な内容になってしまいすみません...

しかし、接骨院を選ぶ基準の一つとして参考にしてもらうと少し見え方は変わるかもしれません。

この記事がそうなってくれれば幸いです。


最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA