橈骨遠位端骨折 ~手首で一番折れやすい骨折~

橈骨遠位端骨折ってなに?

名前だけ聞いても一般の方はなんのこっちゃ?といった感じだと思います。

”橈骨遠位端”とは手首の関節の少し上の部分(肘に近い部分)での骨折です。

転びそうになった時にとっさに腕を伸ばして手を衝こうとしてしまいますよね。

その時に強い力がかかると橈骨遠位端部にテコの力が働いて頻繁に折れてしまうのです。

転びそうになって手を衝いた…誰でも一度は経験があるかと思います。

なので、この骨折も子供から年配の方まで非常に頻度の高い骨折です。

特に骨の強度がまだまだ未熟なお子さんと骨が脆くなってきた年配の女性に多いです。

骨折と聞くとびっくりされてしまいますが、年配の方の場合には

運動機能がさらに低下すると手が出ずに肩を打って骨折(上腕骨近位端骨折)

股関節を打ち付けて骨折(大腿骨頸部骨折)

頭を打ってしまって硬膜下血腫などなど…

同じ転倒でも手が出ないくらい運動機能が低下してしまっているとより重篤なケガにつながります。


橈骨遠位端骨折をしたことで運動機能がさらに低下し

「また骨折してしまった」「また手術になった」「今度は入院も長い…」

なんてことにつながらないようにもしっかりと治して運動機能を維持することが大事です。

「橈骨遠位端骨折を人生で最後の骨折にしましょう」なんていう提言もあります。

橈骨遠位端骨折の一般的な対処法

橈骨遠位端骨折は折れ方によっては手術を勧められます。子供でも大人でもです。

ざっくりとした説明をすると大きく骨がズレてしまうと

骨のズレを手で矯正したり・ギプスで固定するだけではすぐに戻ってしまって、

手術をして皮膚の内側から固定をしないと維持できないという事が根拠にあげられます。


逆説的に言えばズレてしまった骨をしっかりと矯正ができて、安定した固定が可能なら、

ほとんどの症例で手術を必要とせず回復する可能性があるとも言えます。

かしわだ接骨院の橈骨遠位端骨折の取り組み

私は今までの修行・研修期間のなかで

少なく見積もっても100人以上は橈骨遠位端骨折にかかわってきました。

私が研修させていただいていた白石洋介先生(医学博士)考案のズレた骨の矯正(徒手整復術)、

ギプス固定方法を踏襲し、様々な医療機関でドクターの先生の監督のもと

手術適応と言われる橈骨遠位端骨折を多数・保存療法で対応してきました。

特にお子様の橈骨遠位端骨折(隣の尺骨遠位端骨折を同時に骨折してしまっていても)であれば

手術が必要になってしまったケースに私は立ち会ったことがありません。

そして骨のズレを矯正した正しい骨の位置を、

ギプスの固定で維持することで骨がくっつこうとする反応も素早く起こせるのです。

これは手術でくっつこうとしている組織を洗浄してしまう場合よりも素早い反応になります。

手術でプレートを入れた時ほどに超早期から動かし始められるわけではありませんが、

運動機能を完全に取り戻すゴールの時期に関してはほとんど変わりありません。

また手術における絶対的な合併症である細菌感染・麻酔による副作用・手術部分の皮膚トラブル

といったリスクが保存療法ではありません。これも大きなメリットです。

全て手術が必要ないというわけではありません

もちろん全ての橈骨遠位端骨折が100%手術をしなくても大丈夫というわけではありません。

少し専門性が高くなってしまうので、対応が難しい橈骨遠位端骨折を簡潔に記載すると

・他院にて徒手整復術を何度も行われ骨の周囲を支える組織がほとんどない状態

・すでに他の医療機関での観察期間が3週間以上経過している

・橈骨遠位端骨折という領域よりもより肘に近い場所で骨折してしまっている

・大人の橈骨遠位端骨折のケースで手首の関節の中心部分が陥没してしまっている

などがあげられます。

こういったケースでも絶対に手術をしないとダメというわけではありませんが、

保存療法を行う難易度はあがります。

かしわだ接骨院では提携医療機関との連携を密に図っており、

なにがなんでも手術をしないで対応するんだ!ということではなく、

しっかりと整形外科の先生の意見も伺った上で、

接骨院での施術で確実な回復を見込んだうえで適切な保存療法を行っております。


橈骨遠位端骨折でお悩みの方で

「できるだけ手術はしたくない」「早く・しっかりと治したい」

といったご要望がありましたら、まずはお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA