手首の痛みの原因・TFCCを深掘り

こんにちは。

柏市・柏駅にあるかしわだ接骨院の院長・和田です。

今回は手首の痛みの原因の中でも腱鞘炎と並んで

頻度が高いTFCC障害について解説していきます。

TFCCってそもそも何?

TFCCとはいったい何かについてまず説明していきます。

TFCCは日本語では三角線維軟骨複合体と呼ばれ、

英語ではTriangular FibroCartilage Complexと表記され、

その頭文字をとってTFCCと表現されます。

日本でも”三角線維軟骨複合体”よりも省略して”TFCC”と表現されることが多いようです。


ではTFCC・三角線維軟骨複合体がどんな組織なのかというと、

手首の関節は親指側や中央部と違って小指側は骨と骨とが直接接していません。

手首の小指側では上下の骨の間に三角形状の線維軟骨が存在し、その周囲を支える組織を含めてTFCCと表現されます。

骨と骨とが直接連結せずに間にTFCCが存在することでヒトの手首は

手の平・手の甲どちらも上に向けるような運動+手首の運動を円滑に行うことができるのです。


手を衝いた時・手を強く捻られてしまった際に手首の小指側が痛くなれば、TFCC損傷の可能性は高いです。

また、そういったきっかけのない方でも手首の小指側が痛いケースでは

TFCC障害に関連した症状であることが多いのです。

TFCCだけではない複雑な障害

手首の小指側に痛みがあればTFCC障害かもしれないということは誰でも簡単に覚えられます。

巷の接骨院・整体院で声高らかに「これはTFCC損傷だ!」と

安易にテーピングや手技療法で施術されている理由かもしれません。

しかし上記でも説明した通りTFCCとは三角線維軟骨”複合体”です。

ちょっとややこしいのですが、その複合体をさらに周囲の組織が保護する・支えるように

ヒトの手首は成り立っています。

このTFCC周囲の組織も関連した障害を呈するということがこの障害を複雑にしているのです。

TFCC周囲の組織の障害は多岐に及びます。例を挙げると

・遠位橈尺関節障害・不安定症(脱臼)

・尺骨突き上げ症候群・三角骨骨挫傷

・月状三角骨靭帯損傷・不安定症

・尺側手根伸筋腱炎(脱臼)・尺側手根屈筋腱炎

・三角骨豆状骨変形症

などなど…超専門的な領域になってしまうので個別の解説は控えますが、

このくらいの事は最低限念頭に置いてTFCC損傷は扱わないといけないのです。

そもそもTFCCを痛めてしまう理由はケガだけではありません。

変性といって軟骨部分が正常な組織から徐々に変化をして脆弱な組織になっていってしまうのです。

なので、明確なケガのきっかけがない手首の小指側の痛みに対しては、

”TFCC損傷だろう”と短絡的に考えられ・なんとなく施術を受けるのはより危険ということです

変性が進行してくれば上に挙げた周囲の組織にも障害が広がり、

治療法は手術を受けることしかなくなってしまうケースもあります。

かしわだ接骨院のTFCC障害への取組み

まずTFCCはもちろんですが周辺組織を含めどこに障害があるかを明確にする必要があります。

そして一度のケガなのか変性が絡んでいる症状なのかも考慮する必要もあります。

どの組織を痛めたかにもよりますが、TFCC損傷では初期には強固な固定処置が必要になることが多いです。

その後は回復に伴い日常での手の使い方や手首周りのエクササイズが重要になります。

ご自分の手首の弱さを理解していれば、

負担のかかる作業の時にだけテーピングをする・サポーターをするなどを活用することで

再発させないことは十分に可能と思っています。

TFCC障害についてはネットでも様々な対処法が出回っていますが、

しっかりと病態を理解した施設で施術を受けていただくことが最も重要と考えています。

手首の捻挫・手首の痛み・TFCC損傷の事でお悩みでしたらどうぞお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA