その症状…本当に肉離れですか?

こんにちは。

柏市・柏駅にあるかしわだ接骨院・院長の和田です。

今回はスポーツによるケガで多く発生する肉離れですが、

”その症状…本当に肉離れですか?”

をテーマに解説していきます。

そもそも肉離れとは?

肉離れについては症状解説のページでも触れています。

肉離れ・筋挫傷について

肉離れも損傷の重症度によっては

決して簡単に考えられないケガではありますが、

なんとなく動けてしまう・歩けてしまうと

大丈夫かなと様子を見てしまうケースは

かなり高頻度に見受けられます。

その中で肉離れよりも危険な障害が

潜んでいることがあります。

今回は私の経験も含めて

肉離れと同じような痛め方で

肉離れよりも危険性の高い障害について取り上げていきます。

①骨盤の剥離骨折

肉離れかなと思ったとしても

骨盤に近い場所・股関節付近の痛みを感じている場合は

総じて重症度が高いケースがほとんどです。

加えて筋肉や腱の損傷といった肉離れだけではなく

腱がくっつく骨そのものを剥がすように折れてしまった

剥離骨折の可能性も高いです。

骨盤には太ももの筋肉のほとんどが付着していて

前方の恥骨・後方の坐骨・上方の腸骨と

それぞれの部位ごとに

骨折を起こしやすいポイントが存在しています。


この部分の骨折では手術が必要となる事は少ないですが、

安静固定をする期間を長くとらなければいけなかったりと、

肉離れとは対応の違いが求められます。

股関節・骨盤周りでバチンと衝撃が走る・何かが切れた

といった感覚を覚える場合には

上記の剥離骨折の可能性も高いので、

早期に医療機関への受診をお勧めします。

②アキレス腱断裂

膝から足首の間までの部分を医学的には下腿と称します。

アキレス腱はご存じのように下腿の後ろがわで

足首にかけてはっきりとしたスジ状の組織の事を言います。

ふくらはぎの筋肉の肉離れかなと思っていても

下腿の中心から下1/2以下の部分の痛みで

一般の方がアキレス腱断裂と判別することは

かなり難しいです。

実際アキレス腱断裂の方でも来院時には

(希望も込めてかもしれませんが)

肉離れだと思っていらっしゃる方も少なくありません。

アキレス腱断裂というと手術をすることもある

重症なケガという印象をお持ちの方が多いかと思いますが、

多くのケースでなんとか歩くことは可能です。

なので、歩けるからアキレス腱断裂ではなく肉離れ

という法則は成り立ちません。

肉離れ・アキレス腱断裂どちらでもバチンと衝撃が走る・何かが切れた

といった感覚を覚えることが多いという徴候は同様なので、

そういった症状があった場合には 早期に医療機関への受診を勧めます。

まとめ

肉離れなら軽傷というわけでは決してありませんが、

剥離骨折やアキレス腱断裂といった場合には

対処法や回復期間が異なります。

肉離れかなと思ったとしても、同じような症状であったとしても、

剥離骨折・アキレス腱断裂といったケースは

決して珍しいことではありませんので、

覚えておいていただくとよいかと考えています。

肉離れ・骨盤部の裂離骨折・アキレス腱断裂といった障害に関して

お悩みがありましたらお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA