外反母趾の痛みは人によって違う?

こんにちは。

柏市・柏駅にあるかしわだ接骨院・院長の和田です。

今回は足の変形でよくみられる

”外反母趾の痛みは人によって違う?”

をテーマに解説していきます。

そもそも外反母趾とは?

一般の方にも良く認知されている外反母趾ですが、

まずは外反母趾という名称の解説をしていきたいと思います。

母趾とは足の親指の事です。

外反とは爪先が小指側の方に向いてしまう事を言います。

外反母趾とは年齢などの影響でだんだんと

足の親指の付け根部分が変形してしまう事を言います。

見た目の問題として捉えられることもありますが、

親指を中心とした足の痛みを引き起こすことも頻繁にあります。

外反母趾の痛みのポイント

外反母趾で痛みが起こるポイントは一つではありません。

外反母趾が起こることにより親指だけではなく

他の指や場所に痛みを引き起こすことも少なくありませんが、

今回は親指に絞ってポイントを解説します。

  •  親指の上側が痛い

外反母趾が発生している関節(医学的に正しくは母趾MP関節と言います)が

関節炎を起こしてしまっている可能性があります。

炎症の程度にもよりますが、

この関節の動きを抑えるためにテーピングや固定具の作成が必要となる事があります。

  •  親指の横・内側が痛い

外反母趾の変形が強まることによって

親指の内側の骨のでっぱり(医学的に正しくは第1中足骨頭部と言います)が

靴などに当たること・擦れることが多くなり、

”滑液包”という緩衝材の様な袋状の組織が刺激され

炎症を起こしてしまう事で痛みを引き起こすケースが考えられます。

接触での刺激を避けるためなクッション材の活用と

負担がかからないような靴選びが大切になります。

  •  親指の裏側が痛い

この場合には足の裏側にある種子骨という豆粒状の骨に外反母趾による変形によって、

通常よりも体重が過剰にかかってしまう事で痛みを起こしてしまいます。

この場合にも種子骨の位置にクッション材を当て負担がかかるのを防ぐことが重要です。

外反母趾の痛みの予防について

外反母趾の痛みに関しては変形の程度が関係しています。

外反母趾といっても変形は親指だけで起こるものではなく、

扁平足をはじめ足全体のアーチが低くなってしまう事が

外反母趾につながり、重症度の要因となります。

足のアーチを作るような筋力トレーニングと、

外反母趾が起こってしまった親指周りのストレッチなどが非常に重要で、

外反母趾の進行を抑え痛みの予防にもつながります。


加えてかしわだ接骨院ではインソールをオーダーメイドで作成しており、

外反母趾を矯正するような・負担を軽減するような目的で

作成・販売も行っております。

外反母趾のリスク

痛みを起こしているのは身体が異常を伝えるサインです。

外反母趾は進行性の障害なので何も対策しなければ確実に変形が増してきます。

変形の程度が強度になり、

隣の人差し指を押し上げて脱臼させてしまったり・

痛みが強くなることで親指に力がかけづらくなり

歩くことが大変になってきてしまうと手術での対応も選択されます。



そうならないように痛みが出始めたら、

ご自身の外反母趾の状態を把握し、

正しい対処法を知ることが重要と考えています。

まとめ

外反母趾の痛みだけとっても一つだけの問題ではありません。

親指だけに関連しても3つの問題それぞれに対して異なる対応をする必要があります。

加えて重要になるのは予防的な対処方法を理解し実践することです。

外反母趾が進行してしまうとなかなか正しい対処方法を行っても効果が出づらくなってきてしまいます。

その前段階・早いうちから対応してあげることが重要です。

外反母趾や足の変形の事でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA