ばね指を諦めないで

こんにちは。

柏市・柏駅にあるかしわだ接骨院・院長の和田です。

今回は様々な年代の方の腱鞘炎で多くみられる

”ばね指を諦めないで”

をテーマに解説していきます。

ばね指はどういう状態?

ばね指(弾発指)という言葉を聞いたことがある方も

多くいらっしゃるのではないでしょうか?

ばね指は簡単に言えば指で起こる腱鞘炎の一種

指が曲げたまま伸ばしづらくなってしまい、

なんとか伸ばした際にはばねのように

ひっかかりが抜けるような感触があることから

このような名称で呼ばれているようです。

腱鞘炎の一種なので基本的には指の負担が多かったり・

手先仕事が多かったりという影響で発症しますが、

糖尿病などの代謝性の病気や

ホルモンバランスなどにも関連性があることは

注意が必要なポイントです。

ばね指には年齢も大きく関係し、

中高年以降から発症のリスクが高まります。

男性よりも女性に多いと報告されています。

腱鞘炎は身体の様々な部位でも発生しますが、

細かい作業を頻繁に行うことが要求される

指や手首に関連した腱鞘炎が圧倒的に多いです。

ばね指もその代表的な例と言えますので、

この記事をご覧になっている方の中にも

ご本人や周囲にはばね指の方がいらっしゃるかもしれません。

ばね指の症状と経過

ばね指は少しひっかかるかな・伸ばしづらいなという位の

軽傷の状態であれば、数日で良くなってしまうケースもあります。

しかし、数週間・数カ月に渡って

症状が続いている場合には注意が必要です。

というのも、ばね指は進行性の障害で

曲がってしまったまま伸ばしづらい→伸ばすと痛い→曲げたままになる

というように悪化してしまいます。

基本的にはばね指は正しい対処がなされれば

ほとんどの例で改善がみられるのですが、

重症度が高い程に改善までの時間がかかります。

そして、そういった正しい対処法をされても

あまり改善が見られない場合には

注射をうつ・手術をするということが選択肢としてあがってきます。

ばね指に対する注射や手術は比較的簡易的に行われるので、

短時間ですぐに行うことができるものなのですが、

できることならしたくない…という方も当然ながら多くいらっしゃるかと思います。

重症度が高い・ばね指になってしまっている時間が長い

ケースでももちろん対応・改善は可能ですが、

できるだけ早期から施術を開始した方が、間違いなく改善が早いです。

ばね指で大切なこと・対処法

まず、ばね指の方でご自分でも是非行っていただきたいことは

進行にしたがって曲がったままになってきてしまう

指の第二関節(医学的に正しくはPIP関節と言います)を

継続的に伸ばすようなストレッチを続けることです。

指の構造上、しっかりと伸びないと上手く曲げることができません。

指を正しく使えるためにも・重症度を防ぐためにも

ご自分でも簡単に行える指を伸ばすストレッチは

必ず取り入れていただきたいのです。


もう一つは朝方のばね指現象を防ぐことです。

寝ている時、脱力している時というのは

指は軽く曲がった状態になります。これはどんな方でも同様です。

その時間が長く続くことで、自然とばね指を起こし

朝起きたら指が曲がったままになってしまっている。

というケースはばね指の一つの特徴と言えます。


かしわだ接骨院ではばね指を起こさないためにも

このような指サック型の固定具を作成しています。

指の第二関節だけが曲がらないようになっており、

これを着けていればばね指は起こりません。

着脱も簡単に行える点もメリットです。

重症度によっては簡易的なテーピングでも代用することが可能です。

とにかくばね指現象が起こる回数を減らすことは非常に重要で、

伸ばすときに引っかかる・伸ばすときに痛いという

刺激が腱鞘炎にとって悪循環を生んでしまうのです。

ばね指を諦めないで下さい

いかがだったでしょうか?

長年ばね指が続いていると、

手術や注射をするほどでもない・したくもないし

こんなもんかな… 悪くならなければいいかな…

と考えている方もいるかと思います。

しかし、手術や注射以外にもばね指を改善させる方法はあります。

ご自身でケアしていく方法もあります。

是非ばね指を諦めずに上記の対処法を試してみて下さい。

指サック型の固定具やばね指のリハビリなどについても、

ご興味がありましたらお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA