足首の捻挫で気をつけて 前脛腓靭帯損傷

こんにちは。

柏市・柏駅にあるかしわだ接骨院・院長の和田です。

今回はスポーツや日常生活で多くみられる

”足首の捻挫で気をつけて 前脛腓靭帯”

をテーマに解説していきます。

足首のいわゆる捻挫とは?

足首をくじいてしまった…ひねってしまった…

足のケガのなかでも多い損傷だと思います。

捻挫と表現される場合には一般的に骨折などは合併しておらず、

主に靭帯損傷を引き起こしてしまった状態を

表す言葉と定義されています。

この定義に基づくと、

『足首の捻挫』の中にも様々な靭帯が損傷される可能性があります。

損傷した靭帯によって固定をする足首の角度を変える必要があったり、

また固定をしなければいけない範囲も変わるのです。

足首の捻挫の際に痛めやすい靭帯は?

最も足首の捻挫で損傷しやすい靭帯は”前距腓靭帯”という靭帯で、

外くるぶしの先端(腓骨外果)の前方に存在しています。

今回解説する”前脛腓靭帯”はというと、

前距腓靭帯が存在する外くるぶしの先端の前方よりも

指1~2本分位、膝の方向(医学的に正しくは近位と言います)に存在しています。

指1~2本分くらいの距離の差しかありませんが

どちらが損傷したかによって痛みの反応は明らかに異なります。

私たちのような専門の人間が見ると損傷した靭帯によって

腫れ方でも損傷が異なることもわかります。

前脛腓靭帯と前距腓靭帯とでは

足首の関節を支えて安定させるという役割は一緒なのですが、

支える力の方向に違いがあります。

前距腓靭帯では

足首をしっかりと上に持ち上げていれば安定することができますが、

前脛腓靭帯では

逆に足首をしっかりと持ち上げた状態がストレスになってしまいます。

指1~2本分の違いで対処法は変わる

前脛腓靭帯の際に軽い捻挫と思ってあまり気にも留めず歩いていると・・・

歩くという動きの際には体重がしっかりとかかるため

足首の角度はしっかりと持ち上がったポジションになります。

つまり捻挫で痛めてしまった前脛腓靭帯にずっと負担がかかり、

だんだんと足首の関節の炎症・関節の中に水が溜まってきてしまう

なんてことを起こしてしまうこともあります。

関節の炎症まで進行すると痛みなどの症状はひきづらくなりますし、

関節に負担をかけないようにと神経の働きかけによって筋肉は痩せていきます。

その状態が長く続けば関節が変形してしまう事にもつながる危険な兆候です。

前脛腓靭帯ではこのような足首の関節炎のリスクが高いことが特徴です。

前脛腓靭帯の損傷のまとめ

このように足関節捻挫と一言で表現されていても、

施術の方針・その後の危険性に関しても全く異なるのです。

ですから最初の段階でどの組織(靭帯)を痛めてしまっているのかを

はっきりと判断することが何よりも重要です。

問診や視診・徒手検査などももちろん重要ですが、

足首の捻挫においては特にエコー検査機器の活用が非常に有効とされています。

かしわだ接骨院では足関節捻挫に対してエコー検査機器での観察を行って

・骨折の可能性の確認

・損傷している組織の確認

・損傷してしまった足首の不安定性の確認

・損傷した組織の治り具合の確認

などの判断に活用し、安全かつ早期の回復に役立てています。

足首(足関節)捻挫・前脛腓靭帯損傷の事でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA