子供の野球肘はこの障害に注意!

こんにちは。

柏市・柏駅にあるかしわだ接骨院・院長の和田です。

今回は日本の国民的スポーツともいえる野球においてよく発生する

”子供の野球肘はこの障害に注意”

をテーマに解説していきます。

野球肘について

野球肘という言葉はご存じでしょうか?

野球・その中でもピッチャーというポジションは

他の様々なスポーツと比べても

非常に肘に負担のかかるスポーツと言えます。

肘のスポーツ障害はその他のスポーツでも

起こりえる障害ではあるのですが

圧倒的に野球での発生が多いので

いわゆる”野球肘”という名称が多く使われています。

野球肘と一言で言っても

その障害は一つではありません。

大別すると外側型・内側型・後方型に分類され、

その後の危険度にも大きく差があります。

また大人と子供では野球肘は大きく障害が異なり、

同様の障害が起こることはまずありません。

大人の場合には競技レベルが高い方以外で

野球肘に苦しむケースは比較的稀です。

今回は競技人口が多く、

競技レベルの高さとは関連性が少なく、

野球をされているどのお子さんでもリスクが存在する

子供の野球肘について掘り下げていきましょう。

離断性骨軟骨炎に注意!

子供の野球肘において最もリスクが高い障害は

外側型野球肘に分類される”離断性骨軟骨炎”です。

離断性骨軟骨炎の詳細を解説すると余りにも長くなってしまうので、

端的に言うと肘の関節の一部が壊れて

徐々に骨と軟骨がセットで剥がれてしまい、

最終的には関節の中に剥がれてしまったカケラが取り残されてしまいます。

こうなると野球だけでなく日常でも支障が起きるくらい

肘の動きが悪くなってしまうので、

重症度によっては子供でも手術を検討されるリスクの高い障害です。

医療機関を受診して”野球肘”と言われても、

外側型野球肘・離断性骨軟骨炎かそれ以外かによって

その後のリスクは全く異なります。

この事と離断性骨軟骨炎という病名はまず覚えておいていただきたいのです。


離断性骨軟骨炎の厄介なポイントとして

初期には症状はほとんど感じないという点があります。

前途した内側型・後方型に分類される野球肘の方が

症状としては早期から訴えることが多く、

外側が痛いなと自覚する頃には重症度が進行し

手術を検討されることも少なくありません。

さらに、野球肘は初期にはレントゲン検査で異常を見つけるのが難しく、

初期段階では診断がつきづらいという特徴があります

これは外側型の離断性骨軟骨炎も、内側型で多い内側上顆骨端線障害でも同様です。

野球肘の障害を早期に発見するためには?

ここで一端情報を整理すると

野球肘の中で一番気をつけなければいけない障害は

外側型に分類される離断性骨軟骨炎である。

気をつけなければいけない障害にもかかわらず

初期には症状をほとんど感じず、

レントゲン検査でも異常を検知しづらい。

このように厄介な特徴を持っている離断性骨軟骨炎なので、

最近では野球チームを対象とした大規模な検診が行われています。

この検診は病院などの医療機関ではなく、

野外や体育館などでも行われています。

その検診で活躍するのはエコー(超音波検査)機器です。

持ち運びに特化した機器が豊富という事もありますが、

初期の離断性骨軟骨炎に対しては

エコーでの検査が最も検知しやすいとされることが大きな理由です。

かしわだ接骨院の取り組み

かしわだ接骨院では

大学病院でも活用される最新式のエコー検査機器を

柏周辺地域のどの接骨院にも先駆けて導入しており、

もちろん野球肘・離断性骨軟骨炎のチェックも可能です。

その上で必要とあらば提携する医療機関へ

レントゲンやCT・MRIの依頼も行っております。

しかし、野球肘のお子さんは疑いを検知すれば

そこで終了ではありません。

そこからが戦いで、回復するためには時間がかかってきます。

そのためにも検診やチェックだけにとどまらず

障害度の評価・初期固定対応・リハビリまでを一貫して対応しております。

野球肘だけに限らず肘のスポーツ障害でお悩みの際にはお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA