足首の捻挫で足の甲にかけて痛い 二分靭帯損傷

こんにちは。

柏市・柏駅にあるかしわだ接骨院・院長の和田です。

今回はケガの中でも頻度の高い足首の捻挫の中でも

”足の甲にかけて痛みが出る 二分靭帯損傷”

をテーマに解説していきます。

足首の捻挫で痛めやすい場所は?

足首を捻挫してしまった際に最も損傷しやすい場所は

外くるぶしの前方にある前距腓靭帯という靭帯組織です。

足首の関節を支えるこの靭帯を痛めるケースは圧倒的に多いのですが、

足にはたくさんの関節が密集しているという特徴があり、

少し場所が異なるだけでも別の靭帯を痛めている可能性が高いのです。

足首を捻挫してしまった・内側に捻ってしまったという力のかかりは一緒でも

足首の損傷・足の甲にかけての損傷と(厳密にいえばさらに細分化されます)

それぞれ違う靭帯を損傷する可能性があります。

この痛めている部分を見極めずに

足首を捻っているから足首を固定しよう・施術しようと

短絡的な対処をしてしまう施設が残念ながら多いのです。

足の甲にかけての関節・靭帯を損傷していた時に

足首だけの固定をしっかりしていてもなかなか良くはなりません。

施術を受けているのになかなか痛みが取れない…

なんて時には施術方法が適切かどうか疑ってかかる事も必要かもしれません。

二分靭帯について

今回解説する二分靭帯がどこに存在するかというと

前距腓靭帯から指1~2本分足先の方向(医学的に正しくは遠位と言います)の

関節(医学的に正しくはショパール関節と言います)を支えるために存在する靭帯です。


ちなみに以前のブログでも解説していますが、

前距腓靭帯から指1~2本分膝の方向(医学的に正しくは近位と言います)の 痛みがある場合には

前脛腓靭帯という別の靭帯の損傷が考えられ、こちらの場合にも異なる対応が必要です。

足首の捻挫で気をつけて 前脛腓靭帯損傷


二分靭帯は前距腓靭帯とは別の関節を支える役割を持っており、

外くるぶし周囲を痛めた足首の捻挫とは

初期に固定する範囲を変えて対処をしないと、

なかなか症状がとれづらいという特徴があります。

二分靭帯が支える関節の役割としては

足首の上下運動や捻りを止めるという役割はあまりなく、

足の甲が凹凸のある地面に上手くフィットするために

繊細な動きを支えるような役割を担っています。

二分靭帯の剥離骨折もある!

二分靭帯そのものの損傷もありますが、

二分靭帯がくっつく骨を引きはがすような骨折(剥離骨折・裂離骨折)も起こしやすい場所です。

足の骨は外くるぶし・内くるぶしを構成している大きな二つの骨(医学的に正しくは脛骨と腓骨と言います)の先からは

比較的小さな石ころのような骨が密集したような造りになっています。

このような密集部分を観察することに関してはレントゲン検査は苦手としており、

以前にもブログで解説した外くるぶしの剥離骨折と同様に

レントゲン検査を行っても骨折の有無がわかりづらい場所でもあります。

その足首の捻挫。本当は骨折していませんか?

ここでもエコー検査機器での観察が非常に有用です。

二分靭帯がくっつく石ころのような足の甲の骨の細かな骨折は

非常に観察しやすい部位になります。

骨折の有無で重症度が大きく変わるという事はないのですが、

やや固定期間を長めにとるなどの対処法が必要となる事が多いです。

最後に 足首捻挫のまとめ

このように足関節捻挫と一言で表現されていても、

施術の方法・その後の危険性に関しても全く異なるのです。

ですから、最初の段階でどの組織(靭帯)を痛めてしまっているのかを

はっきりと判断することが何よりも重要です。

問診や視診・徒手検査などを行うのは当然ながら重要ですが、

足首の捻挫においては特にエコー検査機器の活用が非常に有効とされています。

かしわだ接骨院では足関節捻挫に対してエコー検査機器での観察を行って

・骨折の可能性の確認

・損傷している組織の確認

・損傷してしまった足首の不安定性の確認

・損傷した組織の治り具合の確認

などへの判断に活用し、安全かつ早期の回復を図ることができます。



足関節捻挫・二分靭帯損傷の事でお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA