かかとの痛みの原因のほとんど 足底腱膜炎

こんにちは。

柏市・柏駅にあるかしわだ接骨院・院長の和田です。

今回はスポーツや日常生活での負担でよく発生する

”かかとの痛みの原因のほとんど 足底腱膜炎”

をテーマに解説していきます。

歩行と踵の関係について

ヒトが歩くときには当然のことながら足を衝きます。

この時に真っ先に地面につく部分は多くの場合かかとになります。

かかとは地面からの衝撃を受け止める際、

また地面を蹴り出す際にも力がかかる特性から

足の中でも痛みを起こしやすい場所の一つです。

そんな踵の痛み・足の裏の痛みの原因として

圧倒的に多いケースが足底腱膜炎です。

足底腱膜炎はランナーなどのスポーツによる

障害としても多く発生しますが、

日常生活での負担の蓄積でも起こります。

アメリカの統計では人口の10人に1人は経験するとされており、

様々な研究がなされている障害です。

原則として発症から半年から一年が経過すれば

大多数が改善する障害ではあるのですが、

放っておいていいとは言えないようです。


今回はその理由と対処法についても解説していきます。

足底腱膜炎について

足底腱膜炎は変性疾患の一つとされ

年配の女性の膝関節などで多くみられる

膝が曲がってきてしまう・O脚になってきてしまう

変形性関節症などと同じようなくくりで

考えられることが多くなっています。

したがって

スポーツなどの負担で痛みが出る場合もありますが、

日常生活で痛みが出るケースには

年齢が高い程リスクが高まる

という傾向が当てはまります。

変性疾患という障害は

元々の正常な組織が徐々に

別の組織に置き換わってしまい

組織が自体が弱くなってしまう・

あるいは組織によっては組織そのものが

ほとんどなくなってしまう

という経過を辿ることを言います。

この変性疾患という障害は、

痛みが治まるから心配ないとは言い切れないのです。

変性が進行してしまった足底腱膜では

また痛みが出やすくなるといったリスクが増えてしまうこと、

ジャンプや走り出す際のバネのような機能の低下につながり

力いっぱい活動することの制限となることも考えられます。

足底腱膜炎の対処法

歩きすぎたり、新しく慣れない靴で歩いた時に

踵に痛みが出ても、一日寝たら落ち着くくらいなら

原則そんなに心配はいりません。

逆に踵の痛みが1週間・2週間にわたって続いている場合には、

やはり足底腱膜炎の危険性を考え

何かしら対処をすることが必要と考えた方が賢明です。

上記でも説明した変性疾患

総じて進行性の障害ですので

長期になればなるほど重症化します。

痛みが取れにくくなりますし、

変性した足底腱膜が元通りの

正常で綺麗な組織に戻るという事も

残念ながらありません。

なので、早期からの対処というのが

非常に重要になってくるのです。

研究も多くなされている足底腱膜炎ですが、

その発症には様々な要因が関わる

多因子疾患と言われています。

足底腱膜炎という障害というくくりでは同じでも

対処法は人によって異なることも考えられます。

足底腱膜炎へのかしわだ接骨院の取り組み

かしわだ接骨院では

オーダーメイドのインソール療法やテーピング療法を

基盤として対応してますが、

足首周囲のストレッチやエクササイズ、

体重のかけ方・身体の動かし方まで

重症度に応じて幅広く対応しています。

人間が生きる上で歩くこと・体重を支えること

という動作は避けることができません。

同時に踵にかかる負担も避けることはできず、

足底腱膜炎になる方が多い理由として挙げられます。

またその負担を完全に止めるということの難しさから

どんな対処法を行っても即時的に完全に痛みをとる

という事の難しさとしてあげられます。

しかし、上記のように足底腱膜炎の要因となる

様々な要素を把握し幅広く対処することで、

多くの方の症状を早期から改善に導くことはできます。

足底腱膜炎や踵の痛みでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA