本当にシーバー病? かかとの骨の疲労骨折

こんにちは。

柏市・柏駅にあるかしわだ接骨院・院長の和田です。

今回はスポーツなどで発生しやすい

お子さんの踵の痛みであるシーバー病について

”本当にシーバー病? かかとの骨の疲労骨折”

をテーマに解説していきます。

シーバー病ってそもそも何?

以前の記事でも解説をしていますが、

”シーバー病の早期回復のポイント”

お子さんのかかとの痛みの大多数の原因として

シーバー病(セーバー病・踵骨骨端症)があげられます。

スポーツで痛みが出てしまう事が多く、

スポーツ障害・成長痛の一種として

考えられることのある障害です。

多くのケースでは回復は良好で、

痛みを抱えながらも

日常生活に支障が出るほどまでは悪化せず

中学生に上がるくらいには成長に伴って

シーバー病の痛みの元となる骨端線が

(子供の骨が成長する余地があるために骨の一部が軟骨として線状に存在している部分)

大人の骨と同様に骨に置き換わることによって

症状が持続するということはなくなります。

しかしながら全てのケースで良好な経過を辿るとは言い切れません。

当初はシーバー病であったとしても

無理を押してスポーツを続けてしまった際などに起こりうる

かかとの骨(医学的に正しくは踵骨と言います)の

疲労骨折について掘り下げていこうと思います。

踵骨の疲労骨折のリスク

シーバー病と検索すると

整形外科の解説だけではなく、

様々な治療院で「良くなりました」と

ホワイトボードをもったお子さんの写真を載せて

高額な施術料金を宣伝しているといったサイトが

たくさんひっかかりますが、

踵骨の疲労骨折のリスクに関して

解説しているサイトはまずありません。

そういった高額の料金で施術を行っている

治療院の大多数が踵骨疲労骨折を

見たこともなければ聞いたこともないという方が

残念ながらほとんどだからです。

シーバー病と比べて発生率はそれほど多くはなく、

無理をしていれば必ず起こるとは言い切れませんが、

危険性とその兆候については理解している必要があります。

シーバー病と踵骨疲労骨折の違い

シーバー病が起こる踵骨骨端線という場所は

踵の骨の最も後方部分に該当します。

指で圧迫した際の痛みはほとんどのケースで

この部分に限局しています。

対照的に踵骨の疲労骨折は

踵の骨の中央部分(医学的に正しくは踵骨の体部と称します)

にまで損傷が拡大している事がほとんどです。

つまり痛みの部位が踵の後方部分位とどまらず

広い範囲に訴えるようになってくると

踵骨疲労骨折のリスクが高いと言えます。

痛みの程度としても強くなる傾向が強く、

踵をついて歩けずに、つま先歩きになってしまうようなケースは

それだけで踵骨疲労骨折の危険性が考えられます。

スポーツ障害のステージ分類

スポーツによる痛みや障害に関しては

重症度によってステージに分類されるという

考え方が提唱されており、

ほとんどのケースでこのステージが当てはまります。

ステージ1は

スポーツをした後にだけ症状が出る

ステージ2は

スポーツをしている最中にも症状が出る

ステージ3は

スポーツだけでなく日常生活でも症状が出る

ステージの数字が増えるごとに重症度が上がります。

ちなみにステージ2以上は自己管理だけで改善させることが

難しくなり医療機関での施術管理が必要なケースが大多数となります。

シーバー病に関してもステージ2を超えて

お子さんがやりたがっているからと

スポーツを続けてしまったことで、

踵骨疲労骨折まで進行してしまうことがあるのです。

最後に

シーバー病は一般的に治りの良い障害ではあるのですが

症状を抱えた状態で無理をしすぎてしまう事で

踵骨疲労骨折まで進行してしまう恐れがあります。

疲労骨折になってしまうと月単位での運動中止、

さらにリハビリを含めると治療期間は

シーバー病で留まっていた状態よりも

はるかに長引いてしまう事が予想されます。

かしわだ接骨院では

お子さんの踵の痛みでも踵骨疲労骨折の疑いありと判断した場合には

速やかに提携医療機関での画像検査依頼および診察を行い、

シーバー病に限らず迅速な対応をすることで、

できるだけ早期の回復を目指しております。

シーバー病やお子さんの踵の痛みでお悩みの際には、お気軽にご相談ください。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA