突き指のだんだんと変形に注意!

こんにちは。

柏市・柏駅にあるかしわだ接骨院・院長の和田です。

今回はスポーツだけでなく日常生活でもよく発生する

”突き指のだんだんと変形に注意!”

をテーマに解説していきます。

そもそも突き指とは?

日本整形外科学会では突き指について

” ボールや物で指を突いて、

指先に大きな力が加わることによって起こる

指のけがの総称として広く一般的に用いられています”

と表記しています。


ということなので指のケガはほとんどすべてが突き指ということになってしまいます。

その中には骨折も脱臼も腱断裂も靭帯断裂も含まれるという事になるので、

突き指という名称を安易に使うよりも、

どの組織をどの程度損傷したか? が重要になってきます。


今回はいわゆる突き指損傷の中でも、

特に注意が必要な箇所について解説します。

注意しなければいけない箇所はどこ?

突き指”についての症状解説のページでもあげていますが

指が変形してしまうような突き指であれば

重症度が高く後遺症の危険性も疑われるため

すぐに医療機関にかからなくてはいけない

ということは前提として説明しています。

しかし中には受傷当初は特に変形はみられないものの、

時間経過によりだんだんと指が変形してきてしまうという

厄介な特徴をもつ突き指損傷が存在します。

その箇所は第1関節(医学的に正しくはDIP関節)と第2関節(医学的に正しくはPIP関節)の間の部分です。

この部分が手の甲側のみ痛いといったケースは要注意です。




指を伸ばす筋肉・腱という組織は

DIP関節を伸ばす腱・PIP関節を伸ばす腱に指の途中で枝分かれし、

それぞれ別の腱が関節付近まで伸びています。

DIP関節を伸ばす腱が切れてしまうのが以前にも取り上げた

腱性マレットフィンガー”という障害です。

PIP関節を伸ばす腱が切れてしまうことを”中央索断裂”と言い、

中央策がくっつく場所が今回解説している、

DIP関節とPIP関節の間(手の甲側)に該当します。

中央策の損傷について

中央索が完全に断裂していれば受傷直後から

指は変形してしまうことがほとんどなので、

これはおかしい。とどなたでもすぐにわかると思いますが、

損傷しただけで断裂までは起こしていないケースでは

当初は変形が全く起こらないこともあり注意が必要です。

これをただの突き指かなと様子を見ていたり、

医療機関を受診しても大したことはないと不適切な固定をされてしまうと、

徐々に指が曲がりはじめ変形を引き起こすことがあるのです。

変形が進むとPIP関節は完全に曲がってしまい、

加えてDIP関節は伸びきってしまい

最終的にはまともに指を使うことが難しくなります。

※マレットフィンガーでのスワンネック変形と対比して、”ボタン穴変形”と呼ばれます。


変形が完成してしまえば対処法は限られてしまい

手術で切れてしまった・緩んでしまった腱を

縫合することしか方法がなくなってしまいます。

中央策損傷の対処法

このように当初は大したことないように思える中央索損傷ですが、

第一関節と第二関節の間という危険な箇所を理解し、

その部分の腫れであり痛みでありという症状から

損傷を見逃さないことが何より重要です。

その上で初期対応の方法がその後の変形を防ぐ意味でも大切となります。

適切な指の角度と範囲でしっかりと固定することができれば

徐々に起こる変形も防ぐことができます。

初期から適切に対応を行えば後々に問題を残すことはまずありません。

中央索損傷のまとめ

突き指は固定の範囲や角度がとても重要で

いい加減な角度で固定をしてしまうと、

その後の関節の固さを作ってしまったり、

変形を助長したりといった症状を簡単に引き起こしてしまいます。

さらにリハビリの期間が倍以上かかったり、

腫れがひききらず元の指の太さに戻らなかったり、

指の可動域が不十分な状態のままになってしまったりといった

後遺症状を残すことも珍しくありません。

そうならないためにも突き指のことで

症状がなかなかとれない・・・

固定をしているのに痛みが続く・・・

など、お悩みでしたら些細なことでもお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA