ストレッチ・股割り 股関節は柔らかければ柔らかいほどいい?

こんにちは。

柏市・柏駅にあるかしわだ接骨院・院長の和田です。

今回は健康のためコンディションのために行われる

”股割り・ストレッチ 股関節は柔らかければ柔らかいほどいい?”

をテーマに解説していきます。

昨今のストレッチの動向

最近ストレッチや股割りを推奨する書籍や動画をよく目にします。


健康維持やエクササイズの分野は近年どんどんと需要が増加し、

日本でも世界でもヘルスケア産業の市場は右肩上がりです。

加えて新型コロナウイルス感染症対策の影響もあり、

Youtubeなどオンラインでのトレーニング・エクササイズの

情報は家にいても非常にたくさん取り入れることができます。


ヨガやピラティスを始めとしたエクササイズやストレッチは

上手く活用できれば非常に有用ではあるのですが、

股割りなど年齢や身体の状態を鑑みない

強度のストレッチはどんな方にも安全なのでしょうか?

また柔軟性や関節の動く範囲は広ければ広いほど

身体にとっていいことなのでしょうか?


結論から申し上げますと、そんなことは絶対にありません。

ストレッチでメインとなる股関節の特徴

関節というものは骨と骨とが連結して動く部分でありますが、

この関節の構造は一人一人かなり違いがあり、

股関節は全身の中でも特に個人差が大きい関節です。

※股関節は産まれた段階で骨と骨との噛み合いが弱く関節が浅くなってしまう

”先天性股関節脱臼””寛骨臼形成不全”などといった障害が起こりやすい場所です。



何が言いたいかというと

元々その方がもっている股関節の形状によっては

股割りなどのような大きな可動域を要求するような動きが

そもそも行えず、無理して行えば傷つけてしまうことも

決して珍しいことではありません。


またそういった形状の問題がなかったとしても

過剰な柔軟性が必ずしも健康にとって良いとも言いきれず、

器械体操・新体操やバレエダンサーなどの選手が

柔らかすぎる股関節のために痛めてしまうこともあり、

このようなケースも決して稀ではありません。

関節への負担について

そもそも関節が一番防がなければいけないことは脱臼といって、

関節を構成する骨と骨とが正常に噛み合った状態から外れてしまう

(脱臼してしまう)ことです。

こうなってしまうとまともに動かすことはできませんから、

関節としての役割は果たせません。


過剰な柔軟性は関節が外れるような動きとも言えます。

(実際に股関節がストレッチ程度の柔軟動作で

すぐに脱臼してしまうケースはないとは思いますが)

股関節になにかしら症状や問題があるにもかかわらず

とにかく柔軟性を追い求めたストレッチの刺激は

関節にとっては負担となり、傷つけてしまうことにもつながります。


関節を覆う膜(医学的に正しくは関節包と言います)

関節の範囲を広げ、吸着性をあげる軟骨(医学的に正しくは関節唇と言います)

関節を支える靭帯

などの組織が障害されてしまうことが考えられます。


傷ついた関節は炎症を起こし、痛みを起こしながら

だんだんと線維化といって逆に動きが悪くなってしまいます。

それでも無理してストレッチでもしようものなら確実に壊れます。

無理をしたことで関節がそれだけ壊れてしまうと

最後は手術で関節を人工的に置き換えるしか対処法がなくなります。

怖いですね。。

ストレッチのまとめ

どんなに偉大なスポーツ選手だとしても、年齢の壁を無視することは絶対にできません。

プレイスタイルは変化しケガが多くなり身体能力は低下してきます。

細胞や組織に着目すれば若いころと中高年になったころとでは

組織は確実に変化し、組織の強度も低下しています。

そのように身体は変化しているという認識がなく、

全て若い頃と同じように誰しもできるという認識が

ストレッチにおいても非常に危険ということです。


もちろんスポーツやストレッチを否定しているわけでもありません。

上記のヘルスケア産業の需要の増加から医学的研究もさかんに行われ

適度な運動が健康への有用性も証明されています。

しかし、そのせいでご自身の大切な身体を傷つけてしまうようでは本末転倒です。

股割りやストレッチといったエクササイズの動きの中で

少しでも違和感や症状を感じるようでしたら、

あなたの身体にとって適切ではない可能性もあります。


そのような症状がある場合には、お気軽にご相談ください。

かしわだ接骨院では最新式のエコー等を活用し

何が症状を起こしているかを見極めた上で、

できること・できないことについてもお伝えしております。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA