親指の突き指に気をつけて!

こんにちは。

柏市・柏駅にあるかしわだ接骨院・院長の和田です。

今回はスポーツでも日常生活でもよく起こる

”親指の突き指は気をつけて!”

をテーマに解説していきます。

親指の突き指は他の指とは違う

突き指”は老若男女・様々な年代の方でも

一度は経験したことがあるような

ごくごく一般的なケガかと思います。

どこの指でも突き指をしてしまう可能性はありますが、

その中でも親指の突き指の場合には

他の4本の指と同じように考えて、

「よくある突き指だろう」「たかが突き指でしょ」

と感じたとしても別段の注意が必要です。

今回は親指の突き指の危険性の理由と

その対処法について説明していきます。

親指の役割

親指は他の4本の指とは根本的に役割が違います。

他の4本の指はほとんどが曲げ伸ばしをする役割しかなく、

また同じような役割を持つために

1本の指がけがしてダメになったとしても

他の指で補うことが比較的容易であると言えます。

しかし、親指にそれはあてはまりません。

曲げ伸ばしだけではなく横方向の動きが大きいので

親指だけで大きな円を描くような動きも可能です。

この親指特有の動きがあるからこそ

小さなものをつまんだり、大きなものをつかんだり

といった日常当たり前のように行う

手の操作が可能となっています。

親指を突き指してしまうことで

上手く動かせない・力が入らない

といった症状に陥ってしまうと

このような日常での当たり前の動きが

上手く行えなくなるケースが多く、

その他の指以上に支障が強いと言えます。

親指の付け根部分では特に要注意!

そんな親指の突き指の中でも

写真の付け根部分(医学的に正しくはMP関節と言います)


この関節部分での突き指・靭帯損傷は

ケガをしてから随分と時間が経過しても

しっかりと物をつかめない・

握力が入りきらないなどといった

問題になってしまうケースが多く、

手術で対応しなければいけないことも多い場所です。

その理由について説明すると

指の付け根にあるMP関節を支える靭帯が切れてしまい

切れてしまった靭帯の断端間のスペースに

近くを走行している筋肉が挟まりこんでしまい

靭帯が切れて断端が離れ離れになってしまった

靭帯はくっついて治ることができません。

靭帯がくっつかず不安定になってしまった

親指は思いっきり力を入れることも

できなくなってしまうのです。

専門的な話になりますがこの障害を

ステナー損傷”といい非常に厄介な突き指です。

親指・突き指・付け根部分 → 早期受診!

親指MP関節を突き指してしまった。

明らかに腫れている…まともには動かせない…

この時点で前途した後遺症リスクの高い

ステナー損傷の可能性は十分ありえます。

しかし、

MP関節の靭帯が完全には切れていない場合や

突き指してすぐの時期であれば

手術を必要とせずとも

問題なく改善させることは可能です。

大事なことはステナー損傷が起こる場所を

頭の片隅にでも留めていただいて

親指の付け根部分を痛めた突き指であれば

些細と感じるようなケースであっても

できるだけ早期に医療機関を受診していただくことが

後遺症や手術といった経過にならないためにも

最も大切なことと考えています。

親指の突き指のまとめ

かしわだ接骨院では

最新式のエコー検査機器を活用することで

親指MP関節の靭帯損傷の程度や

ステナー損傷のリスクチェックを

接骨院内で行っています。

その上で初期固定からリハビリまで対応可能ですし、

ステナー損傷が疑われれば提携医療機関の紹介も

スムーズに行えるよう体制も整えております。

親指の突き指・特に付け根部分にあるMP関節での突き指であれば

できるだけ早期の受診・ご相談をお勧めいたします。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA