指の脱臼は早期リハビリが鍵

こんにちは。

柏市・柏駅にあるかしわだ接骨院・院長の和田です。

今回は突き指のような外力でも起こりうる

”指の脱臼は早期回復が鍵”

をテーマに解説していきます。

脱臼ってなに?

脱臼”とは

骨と骨が連結する関節部分で

骨と骨との連結がはずれてしまう事を言います。

指の関節での脱臼は肩関節とならんで

全身の中でも最も脱臼を起こしやすい場所です。

詳しくは親指とその他の4本の指の脱臼か

またどの関節で脱臼したかでも対応が異なるのですが、

今回はわかりやすいようまとめて解説します。

脱臼をしてしまったら…

指だけでなくどこの部位でもいえる事ですが

脱臼をしてしまうと

指が大きく曲がったりという変形状態に陥ります。

こんな状態では脱臼した箇所を

自力で動かすことはまず不可能となります。

この変形状態を目にしてしまうと

痛みと恐怖感から自身で

とっさに戻そうとしてしまう方も

けっこういらっしゃいます。

本能的な反射行動でもあると思うので

ある程度致し方ない部分もありますが、

あまり得策とは言えません。

というのも脱臼ではなく骨折してしまっていたり、

(※骨折だった場合では危険なだけでそう簡単に戻りません)

脱臼を起こしてしまった関節によっては

不用意に戻そうとしてしまう事によって

周りの組織に脱臼した骨がひっかかり、

手術をして戻すしかなくなることもあります。

変形状態に驚いてしまうとは思うのですが、

できるだけ冷静に対処し、

とにかく早く医療機関にかかるようにして下さい。

ちなみにかしわだ接骨院では

時間外・休診日であっても

急な症状の場合にはご連絡いただければ対応しております。

脱臼の対応方法について…

まずは上記で解説した通り

できるだけ早期に脱臼した変形状態を戻すことです。

戻したなら当初の激しい痛みは急速に落ち着きます。

しかし、そこでめでたしめでたし。。

というわけでは残念ながらありません。

脱臼を起こした時に関節を支える

靭帯をはじめとした組織は

ズタズタになってしまっていますから

炎症を収束させて組織の回復を図るためにも

一定期間の添え木などでの固定対応は必須です。

指は全身の中でも最も細やかな動きを

要求される部位です。

少し曲がらない・伸びないといった

症状が残ってしまっただけでも

日常での違和感はけっこうあります。

・脱臼当初はしっかりと固定をしなければいけない。

その上で、固定期間をできる限り短い期間に留め

・指が固まらないようにもしなければいけない。

脱臼だけに限らず骨折や靭帯断裂・腱断裂といった

指のケガではこの相反する課題に対して

損傷程度と修復状態を見極めて

適切に対応することが何より重要です。

指の脱臼のまとめ

脱臼のような指の大きなけがをした部位では

他の指と比べると痛めた関節が太くなってしまったり…

他の指と比べると動きの範囲が狭くなってしまったり…

脱臼した方向へグラグラとした不安定な感じが残ってしまったり…

このような症状が後遺症状として残ってしまうことがあります。

指の症状くらいどうってことない。と、

このような症状が残っていても

あまり気にせず生活できる方がいるのも事実ですが、

初期対応や適切なリハビリ対応によって

ほとんどのケースで後遺症状は防ぐことができます。

かしわだ接骨院では

脱臼を戻すような初期対応・脱臼後のリハビリ対応まで全て対応しています。

また脱臼以外でも骨折後などの後遺症状についても対応しておりますので、

指の違和感や動きづらさといった些細な症状についてでも

まずはお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA