四十肩・五十肩の本当の症状を知っていますか?

こんにちは。

柏市・柏駅にあるかしわだ接骨院・院長の和田です。

今回は肩の障害と言えばみなさん考えうる

”四十肩・五十肩の本当の症状を知っていますか?”

をテーマに解説していきます。

肩の症状=四十肩・五十肩の間違い

肩が挙がらない・動かすと痛いという訴えをすると

なんでもかんでも「四十肩・五十肩」と言われます。

四十代・五十代ならばもちろんのことですが

三十代や六十代・七十代の方にでも

「四十肩・五十肩」というよく知られた名称で

一般の方からはもちろんのこと

整体や接骨院、整形外科や総合病院などでも

ほとんどが片付けられている現状を鑑みると、

様々な内情が絡んでいることはわかりますが

あまりにも進歩のない状況に辟易としてしまいます。

ちなみに四十肩・五十肩は

凍結肩や肩関節周囲炎・癒着性肩関節包炎といった

様々な名称で表現されることもありますが、

名称による明確な違いは現在でも確立されていないので、

同一の障害と考えて差し支えありません。

このように肩の障害に関しては

なんでもかんでも四十肩・五十肩と言われていますが、

四十肩・五十肩の本当の症状はご存じですか?

また四十肩・五十肩と断定できる障害は

一般的な認知度よりもはるかに少ないことはご存じでしょうか?

今回はそんな四十肩・五十肩という障害について

その定義と特有の症状について解説していきます。

どんな症状が四十肩・五十肩といえるのか

まずは四十肩・五十肩の定義として

明確な障害がないことが絶対条件としてあげられます。

肩の障害では回旋筋腱板(ローテーターカフ)という

肩におけるインナーマッスルに相当する組織を

大なり小なり損傷して症状を引き起こすケースが

四十肩・五十肩以上に多いと言われているのですが、

この回旋筋腱板という組織は骨ではありませんので

病院で真っ先に行われるレントゲン検査では原則的に映りません。

したがって、障害の判定がレントゲン検査のみでは困難なため

・明確な障害が特定できない 

→ 四十肩・五十肩の定義に該当する 

→ 四十肩・五十肩という病名が過剰に用いられていた

という歴史があります。

最近では整形外科の領域でもエコー検査を中心とした

骨以外にも着目した画像検査が導入されはじめ、

『四十肩・五十肩という障害名自体を死語にしたい』

というお医者さんもいるくらいです。

四十肩・五十肩のもう一つの定義として

肩(肩甲骨と腕の骨の関節)が固くなり腕が動かせなくなる

ということも大きな特徴とされています。

この反応は様々な研究でも証明されています。

腕が上がらなくなるのはもちろんのことなのですが、

腕を捻る動作(腰や頭に手を回すような動作)が

固くなることが四十肩・五十肩の特徴と言えます。

その中でも特徴的な動きとして

脇を締めて手を外側に広げる捻り動作

この動作での固さが四十肩・五十肩を

決定づける所見として重要視されています。

逆説的に言えばこの動作での固さがみられない

肩の痛みや挙がりづらいといった症状に関しては

四十肩・五十肩はありえない

ということが言えます。

私もこのことに留意して施術を行っている身として

このことはまず間違いない事実であると考えています。

その症状は本当に四十肩?五十肩?

このページを見ている方の中には

四十肩・五十肩という診断や見解を説明され、

施術を受けている方もいるかと思います。

しかし、その中の相当数に誤診が潜んでいることが疑われます。

誤診状態での施術ではなかなか良くならないばかりか、

悪化してしまう可能性もある危険な行為です。

かしわだ接骨院では最新式のエコー観察に加えて

詳細なカウンセリング・徒手検査を実施し

必要であれば提携する医療機関での画像検査依頼や

肩関節専門医への紹介も行っており、

症状の正しい把握のもと正しい施術対応を行っております。

四十肩・五十肩かなと思われる症状や

他院での施術でなかなか改善がみられない症状に関してもお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただいてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA