骨折

骨折は手術をしないといけない?

骨折というとみなさんの認識にある通り重症のケガである場合が大半です。
しかし適切な処置ができれば、ほとんどのケースで手術を必要とすることはありません。
そして手術をせずに骨折の施術を行うなら私達、柔道整復師が専門家なのです。

接骨院では骨折の施術ができる?

応急対応以外では医師の同意が必要ではありますが、接骨院での骨折の施術は国から認められています。
しかし最近では接骨院と標榜していても
「骨折かどうかの判断がまったくわからない」
「骨折した患者さんのレントゲンを一度も見たことがない」
「ギプスはおろかしっかりと固定する道具も用意していない」
などといった接骨院が残念ですが多数存在しています。

かしわだ接骨院での骨折への取り組み

かしわだ接骨院院長は柔道整復師という接骨院の資格取得後10年以上の研修の中でお子様から年配の方まであらゆる部位の骨折をされた方の施術を経験してきました。

様々な医療機関で手術適応になるような重症の方の施術にも多数携わり、良好な経過を経験してきています。

かしわだ接骨院ではどんな骨折に対しても対応できるように道具・材料・松葉杖やギプス用サンダルも常時取り揃えてあります。
ケガをしてから病院にかからずレントゲンもとっていない状態でも、当院のエコー観察機器で骨折の疑いを検知できます。

骨折の施術で大事なこと

骨折といえば多くの場合でギプスなどまずはしっかりとした固定を必要としますが、これを的確に作成できるかで痛みのとれ方や日常生活の過ごしやすさは全然違います。

  • 「固定をしたけど痛みが続いている」
  • 「固定をしてもグラグラと動いてしまって不安定」
  • 「固定を何週間も外せないまま経過をみている」

などといった場合に不安があれば、是非一度ご相談ください。
的確な固定をして日常生活を問題なく過ごすことが、その後の早期リハビリテーションにつながりひいては一日も早い回復につながります。

また病院でのリハビリであまり改善を感じない場合や、リハビリが終了したけれども

  • 「もっと動きを良くしたい」
  • 「もっと違和感をなくしたい」
  • 「こんなことができるようになりたい」

などという要望にもできる限り対応いたします。

骨折のことでお悩みでしたら、どうぞお気軽にご相談ください。